忍者ブログ

[PR]

2017年10月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

TOKYO!!!

2010年11月08日
東京行ってきました!


一番の目的国立サッカー観戦は楽しかったけど残念な結果に・・・
まーこのブログでサッカーのこと細かく書いてもあれだし、その後のゲーセン巡りのことを少々


東京初日は、サッカーの前に少し時間が空いていたのでバスの到着場所、西新宿駅付近のゲーセンを探索。
ツイッターで聞いてみるとJOYBOXが近くにあるらしいので、これはメルブラ好きとしては行かなきゃと思い突撃!

JOYBOXといえばYOUTUBEへの動画アップがとても有名。特にMBAA関連は上げてくれるのが早くてとても初期はお世話になったゲーセン。
そして調べてJOYBOXの前に到着・・・思ったよりショボイ・・・
しかし中はゲームの台数は少ないものの、MBAACCは3セットありメルブラ好きとしては素晴らしい環境!

東京のゲーセンはひとつのゲームに特化してる店が多いから面白い!
そして広島ではありえない50円1クレだったので、とりあえず7回くらい対人戦
勝てたのは最初の1回くらいでしたが、そこまで通用しない感はなかったのでそこそこの満足。
3セット全部埋まっててとても楽しかったJOYBOXでした。

そして次に行ったのは高田馬場タイトーですが、あまりにも普通のゲーセンだったのでここは省略
チェーン店は微妙だったなー今回は

そして初日の夜、自分が一番行きたかったゲーセン高田馬場ミカドに到着!!

中に入ると1階はレトロゲーがいっぱい。あまり興味ないのですっ飛ばして2階に行くと
とりあえず目に入るのはスト2の筐体4セット。
しかも全部埋まってるだと・・・!?

目を疑いましたね・・・。そしてぷよ通の筐体も2セット。これはさすがに人がいなかったけど
ミカドといえば東京でのぷよげーせんとして有名なのでとりあえず1クレプレイ
乱入はもちろんなかったけど満足満足。

横のGGACをチラリと見てみるとなんと7セットくらいある・・・
いやーこういうふうに特化してるゲーセンは面白いですね本当。

ちなみにその日は良く解らん格ゲーの大会をしていました。
多分戦国BASARAだと思うのですが、糞盛り上がってて若干引い・・・遠目に見てました。

その後はBBCSをプレイ。青ビューだったのが少し残念でしたが糞強いライチ、ラグナの人に1回も勝てず心が折れたよ!

その横にMBAACCがあってやろうかと思ったのですが人が多くてレベルが高い
こら入れんなーと思いながら見てると見覚えのあるカラーの翡翠が・・・

自分の大好きなジン翡翠でした。

もうこの瞬間東京来てよかったと思ったね!そこからはずっとジン翡翠のプレイをガン見。
さすがに上手い。上手すぎる。
相手は多分SATネロだと思うんですがやはりこちらも上手い。二人とも青キッププレイヤーだけあるなー

詳しい対戦内容を書いてもあれなのでやはりこの一言。凄かった

そのあとジンさんがBBCSを1プレイだけやってるのも見れて大満足
ジンさんはBBCSでもバングで青キップ取っている人なのでこれもさすがに上手かった。


ミカドはいい意味で恐ろしいところだなーって思ったよ!
個人的に回ったゲーセンでナンバー1だった!


あれ文章糞長くなってるぞ・・・
ここからは適当に書こう。
2日目秋葉原に行ってHEYとかクラブセガとか行く
とりあえずメルブラは全勝。BBCSはちょい勝ち
乱入がない。

2日目終わり


東京といえども場所によって全然レベルが違いますねー

今度東京行くときは高田馬場ミカドに1日中居たいですね!


駄文を書きなぐっちゃったけど気にしない気にしない。
今度は大阪か京都行ってみたい!
PR
Comment
No title
有名プレイヤーのプレイを生で見れたのは羨ましいですねぇ。
スト2筐体4セットは想像付かないですw

大阪で格ゲ対戦が盛んな場所と言えば,やっぱり梅田のモンテ50や日本橋のアテナ日本橋ですねぇ。
自分はいつも梅田に遊びに行っているのにモンテ50には行ってないですがw
大阪もゲセンは多いものの,意外と対戦が盛んな場所は少ない気がします。

京都は関西最強クラスが集っているa-choですねー。
自分は来週の土曜に,行けたらa-cho行ってみるつもりです。
No title
しかもそのスト2の筐体全部埋まってたというね・・・

やはり関西といえばa-choのイメージが強い!
LAZさんa-cho行くのかー羨ましい・・・
大阪もそこそこに選択しありそうで羨ましい><


是非いつかゲーセンでLAZさんに会ってみたいですね!

いいなーa-choいいなー!

  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: